高いスマホと読書

より多くの読書のためにスマホ代を節約する




読書好きのAさん

Aさんは、本を読むのが好きです。大好きです。愛しています。

将来の夢は、好きな本に囲まれ、好きなだけ本を読み続けられる生活を送ることです。生活費はできるだけ削って、書籍の購入資金に充てています。入浴時以外は、暇さえあれば常に本を読んでいます。
Aさんは、本自体も大好きです。本棚に並べた本を眺めて1日を過ごすことも少なくありません。紙の質感や匂い、表紙のデザイン、ページをめくる音、本棚に並んだ時の壮大さ、それを見るときの高揚感、優越感、達成感。どれもAさんになくてはならないものです。本となら結婚してもいいとさえ考えています。とにかく、本さえあればいいのです。

本は中身だけに価値があるのではありません。その装丁の完成度も大きく「本」としての価値に影響しているのです。すべてを総合的に仕上げてこそ、本は本であるとAさんは信じています。と同時に、本は読んでこそ価値のあるもの、とも考えています。本は読まなければ、資源のムダです。地球環境に配慮し、本となった木々に感謝するように、Aさんは本を読みます。

Aさんは、電子書籍も分け隔てなく愛しています。紙ではない、ということに違和感を覚える一方、紙でなくとも本である、ということに喜びを感じています。地球の将来を見据え、限りある資源を大切にしつつ、本が読めるのならそれが一番じゃないか、と解っているからです。

Aさんの悩みは…?

そんなAさんにも悩みがあります。
いくら生活費を削っているとはいえ、限界があります。月に何冊本を購入できるかは決まっています。ボーナスが出た時にいつもより多く買えるのですが、それでも、読む本を選ばないといけない、ということに苦痛を感じます。泣く泣く来月に回すしかありません。しかし、来月には別に読みたい本が出てきます。これから、読みたくても読めない本が一生に何冊も出てくるだろう事実に、ひどく恐怖を感じてしまったのです。出会うことのできないまま終わってしまう本があることに早くも喪失感すら覚えました。どうにかもっと多くの本を読みたい、それがAさんの悩みです。そのためには生活費をさらに削るしかないのでしょうか。

Aさんは、こんな計算をしてみました。Aさんが1ヶ月に買える(読める)本を10冊として、1年で120冊。それに残りの人生をかけると、120冊×およそ50年で、約6,000冊です。Aさんは嘆きました。一生であとたったの6,000冊しか本が読めないのか、と。
いや、数の問題ではなく、いかに自分が好きな本に出合えるかが重要だ、とも考えます。ですが、それでも納得がいきません。

そこで、Aさんは、今一度、生活費を見直すことにしました。ムダな部分がないか徹底的に洗い出すことにしたのです。すると、明らかにムダな支出が見つかりました。

高いスマホ代を安くしたい!

スマホの月額料金の高さです。
あまりにも高すぎることにようやく気付いたのです。趣味が読書で、余暇に本しか読まないAさんに、スマホを扱う余裕なんてほとんどありません。せいぜい、仕事仲間と連絡を取り合うくらいです。それなのに、月に8,000円は高すぎます。どうしてこのムダに気付かなかったのか、Aさんは後悔しました。スマホを手放そうかとも考えましたが、それでは連絡手段がなくなってしまいます。

スマホに高いお金を払う分、一生に読める本の数が少なくなるのです。スマホがもっと安ければ読めたであろう魅力的な本たちを知ることなく、死んでいく。この世にはまだまだたくさん未知のすばらしい本との出会いがあるのにも関わらず…。
「そんなのは絶対に嫌だ」。Aさんは、強くそう思いました。高いスマホの料金に物語との出会いを妨げられる訳にはいきません。

問題なのは、スマホの月額料金が高いこと。それさえ解決できればいいのです。安くスマホを持てれば、万事解決です。
Aさんは考えを少し改め、読める本の数が少なくなることよりも、本以外の余計な省けるムダなものにお金を支払っていることがいけない、と思うようになりました。
そうなるとやはり、スマホの月額料金の節約は、最優先事項です。

Aさんは、高いスマホ代を節約する方法を見つけるべく、「スマホ 高い」と検索にかけました。いろいろ調べてみると、【スマホヤスタカ】というサイトにたどり着きました。スマホの安いと高いがよくわかるようです。これだ!と思ったAさんはそのサイトをいつも読書するときのように、熟読しました。隅々まで余すところなく、読み耽りました。

Aさんは「格安SIM」に乗り換えたことで…

そして、Aさんは、「格安SIM」に乗り換えました。格安SIMに乗り換えたことで、月8,000円のスマホ代が月2,000円になったのです。たったこれだけで、月6,000円も浮いたことにAさんは一人で狂喜乱舞しました。もちろん、6,000円も本に注ぎ込めるからです。これまでスマホ代に消えていってしまった6,000円が、本となって返ってくるのです。月に6,000円だから、1年で72,000円。それに、50年をかけると、3,600,000円です。格安SIMに乗り換えたことによって、そうでない時よりも、残りの人生に360万円分も本を読むことができるようになったのです。Aさんにとって、これほど喜ばしいことはありません。

そうしてAさんは、【スマホヤスタカ】と「格安SIM」に感謝しつつも、またいつものように、いえ、いつも以上に読書に勤しむのでした。Aさんはこれまでよりももっと本と本を読むことが好きになったに違いありませんね。

       ~THE END~

読書好きこそ活用したい「格安SIM」「格安スマホ」

Aさんほどの本好き(書痴、活字中毒)でなくとも、基本的に日本人は読書好きです。活字のみの本だけでなく、コミック本、雑誌、写真集も含めれば、ほぼすべての日本人が読書好きなのではないでしょうか。
そんな本好きの私たち日本人にとって、高いスマホの料金はムダそのものです。そのムダを省き、代わりに本を読めるのなら、Aさんのように喜びたくなりますよね。

「格安SIM」「格安スマホ」に乗り換えれば、それが簡単に実現できます。スマホ代が高いと感じているなら、もっと読みたい本があるなら、今すぐにでも格安SIM/格安スマホに乗り換えましょう。安く快適なスマホ利用ができ、かつ、より多くの読書体験に巡り合えるはずです。

本との出会いは一期一会。一つひとつを大切にしていきたいものですね。







【スマホヤスタカ】イチオシのmineo!

mineo(マイネオ)は、安心で丁寧なサポートが充実している、どんな方でもラクラク乗り換え可能なMVNOです。格安SIMが初めての方にも、他MVNOから乗り換えの方にも、自信を持ってオススメします。難しいことは一切考えず、とにかくスマホ代を節約したいなら、mineoで!